プレテック

プレテック株式会社 様

1)ISAの審査員はいかがでしたか。

移転してからはずっと同じ審査員の方に来ていただいております。※1

 

2)他社の見積もりや情報と比べていかがでしたか。

以前はJ審査機関でした。J審査機関を利用していた際は大変でした。ISOは実務で別物という認識
だったので、ISO90001/14001が独り歩きしていました。

前までは本当に審査のための書類がありました。購買先の評価記録を新規と継続毎に作成したり、
お客様アンケート記録を毎年お客様先に送ったり、文書配布先管理台帳等も作成していました。また、
審査前に沢山判子を押したり書類を用意したりと、大変でした。ほとんどがJ審査機関の審査員に
指摘されて出来て行った仕組みでした。

全ての審査機関はそのような指摘をすると思っていましたが、コンサル会社さんの話を聞いて、
違うと知りました。
現場重視で、規格要求事項以上のことを求められない審査機関が国際システム審査株式会社だと
紹介して頂きました。

また、J審査機関を利用していた際は審査費用もそこまで気にしたことはなかったです。
どこの審査機関も同じような値段だと思っていました。

それも、コンサル会社の話を聞いてみると、審査費用が安くなるとのこと。
それならば是非国際システム審査株式会社に移転しようという話となり、今もお願いしております。

 

3)ISAに決めた決め手はどのような点でしたか。

1番は規格要求事項以上の指摘をしないといった点ですね。
上記でも申し上げたとおり、購買先の評価記録・お客様アンケート記録・文書配布先管理台帳の作成・
審査前に判子を押す等の手間が当たり前だと思っていました。
しかし、話を聞いてみるとそうでもないと知ったためです。

 

4)ISAに決めてよかった点はどのような点でしたか。

かけこみが無くなりました。
コンサル会社も定期的に来ていただいて、ある程度アドバイスをいただける。そのおかげで実務とISOの
距離が縮まりました。
以前は審査の一週間前から駆け込みで掲示物の更新等で実務がままならない状態でした。
そういったISO90001/14001の無駄な仕組みがなくなったのが非常によかった。
また、審査員に指摘されて新たな手間になる仕組みが増えることもなかったですし、非常に感謝しております。

 

5)新規で審査機関を検討されている企業様へひとこと

ISO90001/14001のための書類を作る必要がなくなる等、審査機関によって工数が変わるのでよく
検討したほうがいいです。
実務とISO90001/14001の距離を無くしていきたいといった考えがあるなら、国際システム審査株式会社に
審査をお願いしたほうがいいですね。

指摘によりルールが増えていくようなこともないですし、会社にあわせた審査をしてくれていると感じております。

※1 ISAでは原則としてお客様より審査員のご指名はお受け致しかねますが、偶発的に同じ審査員が担当となる
場合があります。

【弊社 編集注記】
本ページの主旨は、お客様の生の声の掲載ですが、掲載にあたっては、インターネット上の特性を鑑み、
やむを得ず、以下の1)~2)の編集を加えている場合がございますのであらかじめご了承くださいますよう
お願い申し上げます。

1)個人または組織を特定できると判断された部分を編集して掲載することがあります。
2)何らかの誤解を招く恐れのある表現を他の表現へ変更・編集して掲載することがあります。